トラブルや事故を防ぐために

パソコン前の女性

住宅を始め、建物の建設の際重要な役割を果たすクレーンですが、現在、そのクレーンの事故やトラブルが多いことが問題視されています。
もちろん建設に使うクレーンだけでなく、消防車などのクレーンも同様のことがいえます。
このトラブルや事故が原因で命を落とす危険性も十分にあります。
トラブルや事故を無くし、クレーンを安全に使用するためには、定期的な点検が重要となってきます。
クレーンは1年に1度でも使用が決定しているもの、もしくは使用したものは、必ず点検をしなければならないとされています。
この点検を行うことで、整備不良が原因で発生する事故やトラブルを未然に防ぐことができます。
クレーンの点検にも様々な種類があり、作業開始前に行う点検を始め、1ヶ月や1年ごとに定期的に行う点検などがあります。
また、これらのクレーンの点検には、定期自主検査指針に、検査項目、検査方法、判定基準の3つが明確に定められています。
きちんとした点検や検査を行ってトラブルを未然に防ぎ、安全な作業をしましょう。